2018年5月27日日曜日

呼吸器にすすめてくれたペラルゴニウムのシロップ



 ロンドンは大気汚染度レベルが高いせいか、旅行中はいつも呼吸器の調子が悪くなります。オーガニックハーブやサプリを扱う自然療法ショップで症状を言うといくつかすすめてくれます。


今回は「気管支からの乾いた咳がでる」と言うと、「咳のほかのどの痛みや抗菌効果、感染にも効果ありますよ」とペラルゴニウムのシロップをすすめてくれました。



ペラルゴニウムは別名テンジクアオイは、私たちに馴染み深いゼラニウムと同じフウロソウ科です。昔から民間療法やアフリカの祈祷師が使用していたのは知っていましたが、飲用は始めてでした。


甘いお花系の味がしておいしく、のどの痛みも薄らぎました。肝心の咳は軽くなる程度でしたが、使用する前よりはマシになりました。3週間の滞在でしたからもう少し早めに使用してればとよかったかも。早めが肝心ですね。


ペラルゴニウムにはマリンと呼ばれる抗菌、抗ウィルス作用のあるポリフェノールも含有してるそうです。

2018年4月10日火曜日

パリのLe Grand Musée du Parfum(ル・グラン・ミュゼ・デュ・パルファン)行ってきました

 先月、パリのLe Grand Musée du Parfum(ル・グラン・ミュゼ・デュ・パルファン)へ行ってきました
アロマテラピーを勉強した人なら 一度は体験したい、最古の香り「キフィ Kiphi」を再現したものも嗅ぐことができました。個人的な感想ですが、想像していたよりもマイルドでふんわりと夢見心地な香りでした。

こちらの銅色の球体は、歴代有名香水にはかかせない、香水作りに必須な25種類の香りの原料の情報がつまっています。
まず香りを嗅ぎ、その後球体を耳に当てると音声ガイダンスで、それぞれの原料をていねいに紹介してくれます。(全て聞いて1時間ほどかかりました)



白いオブジェは「Jardin des Senteurs香りの庭」。オブジェに近ずくと香りが噴射?される仕組みです。植物の香りの他、チョコレートコーラの香りなどもあってユニークでした。
パリへお出かけの際にはぜひ訪れてみてください

2018年2月10日土曜日

サンダルウッド&バニラの石けん

サンダルウッドパウダー(木部)で色つけしました。子供の頃、祖母の白檀扇子から漂う香りにうっとりしたのを思い出します。


香りはサンダルウッド精油とバニラ精油でつけました。


サンダルウッド精油の特徴成分にセスキテルペンアルコール類のサンタロールがあり、心臓強壮作用があると言われています。他にサンダルウッドの作用として鬱滞、利尿、去痰、抗菌 などあげられます。


肌へは保湿と皮膚を柔らかく保つ効果が期待できます。しっとりとしたなめらかな泡立ちの石鹸ができました。



※インド産のサンダルウッドは絶滅の危機に瀕する貴重な樹木で、インド政府が育成管理し伐採制限をかけています。インド産が希少なことから、最近はオーストラリア産の代用がふえています。インド産に比べサンタロールの含有量等は少なく香りも異なります


2018年1月14日日曜日

セラミド美容液と米セラミド石けん


ラベンダーの香りの「セラミド配合美容液と米ヌカ石けん(米ヌカセラミド含有)」をお作りしました。


表皮は外胚葉由来の上皮組織で、下層から基底層、有棘層、顆粒層、淡明層、角質層からなり、セラミドは角質層に存在します。



ターンオーバー時に生成されますが、年齢とともに生成量は減ります。外から補ってあげることで、お肌の保湿やバリア力をupしてあげましょう。


セラミドの原料は動物性、植物性、ヒト型、化学合成など種類があり、それぞれ成分もことなります。


わたし自身のアロマテラピーの捉えかたですが、植物とかかわっていく上でやはり手作り化粧品には植物性の材料をと思っています。





2017年12月9日土曜日

ホホバ油ってどんなオイル?

精油と同じくらいキャリアオイルもお肌や用途に合わせて選びたいですよね。
最近「ホホバオイル」についてよく尋ねられます。



南アメリカのインディアンの間では「金の液」と言われ、髪と肌に使っていました。
私はビタミン、ミネラルが多めに含有された未精製油を使うことが多いです。



ホホバオイルを構成しているワックスエステルは、私たち皮脂にも含まれる成分のため、馴染みが良いのです。ホホバ油は分類は液体ワックスで、低温で固まります。安定性にもすぐれています。



※人によってはアレルギー反応をおこすことがあります。パッチテストは大切です
※画像はイメージです

2017年11月29日水曜日

ローズ石けんとザクロのクリーム

ピンククレイでやさしいピンクに仕上がった石けんはドライローズを入れました。
ローズオットー、ローズゼラニウム、オレンジ精油の香りは、心を明るくしストレスを和らげてくれるブレンドです。クレイは汚れの吸着効果があるので、パックとしても使えます。




ザクロオイルで作ったクリームは、ローマンカモミールの芳香蒸留水と精油を使いました。ローマンカモミールは「子供を守る母の優しさと強さを持つ香り」と言われています。
お肌の保湿や肌荒れに効果が期待できるので乾燥しがちなこの時期に使いたい精油のひとつです。

ティアレの花の香り リップバーム

冬の気配が感じられるこの頃ですね。いかがお過ごしでしょうか。


唇も乾燥しやすい季節です。


今回のベースはホホバオイル、あとは未精製ミツロウを使いました




リップバームに配合したモノイオイルのティアレの花の香りで、少しだけ南国気分を味わっています。


モノイオイルはタヒチでは紫外線対策にも使われています。乾燥で紫外線の影響の受けやすい冬のお手入れにも活躍してくれますよ。